2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.30 (Sat)

急性フィラリア症の疑い

8月30日AM2:30頃、雷の音に怯えていたレミの息が荒くなり、
突然、血尿を出し、嘔吐、苦しそうな咳が出るようになりました。

急性フィラリア症なのではと思い、夜間病院に電話で相談し、雷雨の中、車で連れて行きました。
獣医さんに吠えるほど元気があったので、膀胱炎の可能性もあると、
とりあえず抗生剤を注射していただきました。

血尿はすべて座布団に吸い込まれてしまったため、尿検査ができませんでしたので
朝になり、尿が出たら、病院に持っていくように言われ、帰宅しました。

AM8:00、水をたくさん飲んでいたので、尿が出るかと外に連れ出したところ
数歩だけ歩いたところで座り込んでしまい、かなり衰弱している様子でしたので
尿は持参できませんでしたが、かかりつけの獣医さんへ連れて行きました。

ここでも膀胱に尿がまだ溜まっていないとのことで、尿検査はできず。
食欲もないので、点滴、肺の機能を助ける薬、利尿剤を投与していただきました。
しかし、夜間病院の先生が言っていたとおり、虫を取り出す手術が必要な可能性が高いと言われました。
先端がピンセットのようになっていて、自由自在に動く器具を頚動脈から心臓まで入れ、フィラリア虫体を摘出します。
この手術ができる先生が、出張中で9月1日に帰ってくるので、8月31日も点滴(尿検査も)をしてもらい、9月1日に手術をすることになりました。

今までは咳も出ていませんでしたし、本当に突然で驚きました…。
幸いにも、その日は偶然、私が同じ部屋で寝ていたので、すぐに気づくことができました。

先週、獣医さんに行った時は、心臓の音にも雑音がなく、咳もでておらず「様子をみましょう」ということになったのに…
こんなに、フィラリアが恐いものだなんて…

神様、レミを助けて!!!
スポンサーサイト
12:31  |  お星様 レミ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

☆くぅママさま
急性フィラリアは、成虫が心臓の方に移動した際、血管に詰まってしまった場合に起こるそうです。
すでに強陽性のコは、いつ起こってもおかしくなく、前兆もないとか…早く保護されて良かったです。
今日も朝一番で病院へ行ってきます。
まひろ |  2008.08.31(日) 07:39 |  URL |  【コメント編集】

☆幸多母さま
インターネットは便利ですね…
慌てて「犬 血尿」で検索したら、急性フィラリアに関して、ほおっておくと数日で死亡と書いてあり、夜間専門の病院へ行ってきたんです。
調べる方法がなかったら、命とりになる可能性もありますものね…
まひろ |  2008.08.31(日) 07:34 |  URL |  【コメント編集】

こんな事があるんですね。
すぐ気づいてあげられて良かったですね・・・ローズもフィラリア強陽性と言われています。状態が安定しているからと油断してはいけない事教えていただきました。
レミちゃん 手術頑張って!
虫なんてやっつけちゃってスッキリしちゃおうね。。。
くぅママ☆ |  2008.08.31(日) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

■驚きました

フィラリアは本当に怖いですね。急変して、さぞかし大変だったことと思います。レミちゃん、手術が成功しますように!フィラリアに負けないで!!!
幸多母 |  2008.08.30(土) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。