2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.11 (Thu)

愛護センターへ

9月10日に、初めて、千葉県の動物愛護センターへ行ってきました。
一度は見学したいと思っていました。

まずは、譲渡会でも使われる、子犬ちゃん達のおうちへ。
この新しい建物には、エアコンがついています。

CIMG1503.jpg

でも、こっちの古い方にはついていません。
夏はどれだけ暑いことでしょう…

CIMG1502.jpg

譲渡会では、男の子ばかりが貰われて行きます。
番犬になるからです。
そのため、女の子ばかりが残ってしまうそうです。
元気なコやビビリなコ、いろいろいました。

CIMG1499.jpg

収容棟の入口にある、マイクロチップの読み取り機。
中型や大型のコは、みんなここを通ります。
小さいコは読み取り部分に届かないので、動物病院にもあるような、ハンディタイプのものを使います。

CIMG1507.jpg

負傷した猫ちゃんがたくさんいました。
人懐っこい親子猫。子猫は、右前足の先がありませんでした。

CIMG1505.jpg

こんなに小さいコも…。
ハムスターと同じくらいの大きさです。

CIMG1527.jpg

とってもガリガリに痩せていたコ。
でも、人間を見ると尻尾ぶんぶんでした。
まだ、7ヶ月くらい。一番体が成長する時期に、飼い主はどんな育て方をしていたのでしょうか。
私が初めて預かった3兄妹にそっくりで、涙が出そうでした。

CIMG1518.jpg

まだ2匹しかいませんでしたが、夕方頃にたくさん運ばれてくるそうです。

CIMG1508.jpg

ここにはいっぱいいました。
一番左側にいるコは、他のコに「遊ぼう!」と誘ったりしていました。
ここがどういう所か、分かっていないのでしょうか…
性格も良さそうです。
預かってくれるおうちがあれば、すぐにでも引き出したいです。

CIMG1512.jpg

真ん中の白いコ。じーっとしていました。
赤ちゃんを産んだばかりで、おっぱいが張っていますね。
赤ちゃん達は、他のお部屋にいます。
おとなしく、性格が良さそうなので、検疫にかけていただくことになりました。

CIMG1513.jpg

こんなに人間大好きな、可愛いコ達ばかり。
元の飼い主さんは、どう思っているのでしょうか…

CIMG1521.jpg

CIMG1522.jpg

CIMG1524.jpg

人懐っこく、とっても愛嬌がある柴犬はあまり見たことがなかったのですが…
ものすごく甘えんぼさんでした。
引き出し予定があるそうです。

CIMG1528.jpg

とにかく元気いっぱいなコーギーちゃん。
最初はこのコを引き出す話もあったのですが、ものすごく気が強そうで、我が家の先住犬との相性に問題がありそうでしたので、残念ながら引き出せませんでした。
コーギーの飼育経験があり、犬種の性質をよくわかっている方に貰われてほしいです。

CIMG1529.jpg

そして、今回引き出し、我が家でお預かりするのが、この「ポン吉」。
「このコを引き出してくれると助かります」とセンターの方に言われていたコです。

20080911-01.jpg

千葉WAN 愛護センター・レポートの2008年9月4日の記事にも写真が載っていますね。
検疫が明けたものの、受け入れ先が決まっていなかったんですね。

ここにいるコ達は、なぜ自分がここにいるのか、わかるはずもありません。
当たり前ですよね。
こんな施設が必要なくなる日は、来ないのでしょうか…。
スポンサーサイト
13:18  |  卒業犬 ポン吉  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。